結婚と法律、結婚指輪などの暗黙の取り決めなど

Category : カテゴリ結婚指輪の一覧

0

法律上の用語 民法で出てくる法律用語は婚姻である。

結婚したとき提出する書類は、婚姻届。

ただし、結婚という言葉がどこから来たのかは知ることができない。

和風漢字語という言葉がありますが、日本でも公文書では婚姻と使いながら、結婚を決めるとの言葉は、「婚約」と韓国語の婚約と同じ漢字を前後に変えて書く。

結婚指輪や、婚約指輪など つまり、日本語でも結婚と通常使う単語は、例に見ても韓国語と同じ使い方である。

そして、「結婚」は、現代中国のも「結婚する」の意味で使用される。

だから公文書や申告書などに結婚という言葉は使用されない。

推奨される婚礼。

しかし、発音が難しいのであまり使われない。

結婚という言葉があまりにも根強く今更変えるのは難しい。

法律上の条件 法律上結婚が成立するには、実質的に両当事者間の結婚をするという意思(婚姻の意思)が相互に合致しなければならず、婚姻届という形式的要件まで結合なければならない。

したがって、これらの婚姻の意思がなく、他の目的(例えば外国人が国籍取得のために婚姻届をしたりする)で婚姻届をする、いわゆる「偽装結婚」というのは、基本的に無効であり、婚姻の届出をしていない、いわゆる内縁のような場合は、大多数の状況で法令に準ずる保護を受けるが、どうしても相続権を認められるか、配偶者間で発生する親族関係も生じない。

婚姻届は通常は書面によることが原則であるが文盲を配慮して住民センターに届出を作成することができる。

もちろん、いずれの場合も代理人を通じた申告は不可能である。

ただし申告をすると無条件婚姻が成立するわけではなく、担当公務員が受理をしてくれると法律上の結婚が認められる。

そして、不動産登記簿とは異なり、家族関係登録簿(以前の戸籍の機能を担っている。

)に登録は結婚の有効要件ではない。

法律上の効果 夫婦相互間には、お互いにのように同居してお互いを扶養しなければして生活協力をする必要があり、夫婦の相互以外の貞操を守らなければならない。

だから不倫や浮気はしてはならない。

未成年者が結婚した場合、民法上で、大人として扱う。

日常家事について、夫婦はお互いに連帯責任を負い各自の代理権を持っている。

結婚をしながら生じる財産のような場合、原則的には、自分の名義で取得した財産であるか、結婚前からの特性は、それぞれの財産とし、誰のものかは明らかでないときは、共有するものと推定する。

この特有の特性のような場合、各自が管理、使用、収益することができる。

Post a comment

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans